作り話

信仰という名の暴力、あるいは与えられた呪いについて

わたしに初恋が訪れたのは31のときだった。それはわたしの人生の中で初めて経験する感情だった。今まで生きてきたのは一体なんだったのかと思った。こんなに甘美なものがあると、知っていたならこんな風にはならないはずだった。わたしにとっての初恋はとて…

爆発する文学者

文学者が爆発した。今月に入って3度目になる。 これで、爆死した文学者は10名を超えた。爆発する頻度は日を追うごとに増えている。最初の一人は文学者を自称する名もなき物書きだった。それからノーベル文学賞に目されている著名な文学者が往来で爆散した。…